肌がきれいなので、嬉しくなる女性
  • ホーム
  • 春夏秋冬、美白はいつやるべき?

春夏秋冬、美白はいつやるべき?

笑顔の美人

「色が白いは七難隠す」という言葉があるように、色白の肌はそれだけで他の様々なコンプレックスをカバーしてくれる存在です。
逆に肌がくすんでいたり、シミができてしまうと、一気に見た目年齢は上がってしまいます。
見た目が老けてしまうだけでなく、鏡を見る度に「このシミが無ければ・・」と気持ちまで老け込んでしまうでしょう。
いつまでも若々しくある為に、そして美しい女性になる為にも、美白ケアは欠かせません。
ただ、美白ケアと聞くと紫外線が強くなる、夏場だけ行う方が多いようです。
確かに夏場は紫外線の量も強さも増す為、いつも以上に気を付ける必要があるでしょう。
しかし、紫外線は夏にだけ降り注いでいる訳ではなく、冬場も曇りの日も1年中降り注いでいます。
ですので、美白ケアは春夏秋冬、どの季節関係なく1年中行う事がおすすめです。
基本は紫外線からのダメージから肌を守る為、日焼け止めを塗ります。
日焼け止めの選び方ですが、SPFとPAの数値をチェックしましょう。
SPF・PAの数値が高ければ高い程、紫外線からのダメージを防ぐ事ができます。
しかし、数値の高い日焼け止めは時として、肌への負担となってしまうのです。
日焼け止めの刺激で肌に炎症が起こり、シミができてしまうと元も子もありません。
ですので季節によって、日焼け止めの数値を変える事が大切です。
春・秋・冬は紫外線の量も少ないので、日常生活で使うのであればSPF25・PA++程度でも十分効果的です。
夏場はSPF30・PA+++以上が理想となっています。
また、海など紫外線が強い場所に行く時は、最高数値の日焼け止めを使いましょう。
日焼け止めの他に、美白化粧品も毎日使う事によって、美白の効果を高めてくれます。